FC2ブログ
   
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

サックス&ギター

実家で眠っている楽器たちをどうしようかと考え中。

ピアノはまだ置いておくとして、
問題は10年近く触ってないアルトサックス。
売る?譲る?吹く??





変色してる部分も出てきてます。
使うなら大規模メンテ必至だろうなぁ。
( ̄▽ ̄;)


そして父の形見のアコギさんたち。
いつか弾いてみたいと眺め続け、はや15年以上(笑)。




私や弟が小さい頃には、父がギターを鳴らしては家族みんなで色んな曲を歌ったものです。
フォークソングから聖子ちゃんまでほんとに色々(このベクトル設定正しい?)。

父みたいに弾けたら良いなぁと憧れが捨てきれず今日に至り。
うーむ、どうしよかな。


楽器と言えば、母も色々楽しんだ人でした。
エレクトーン、フルート、マリンバ。
あと玉すだれ(←楽器やない?)。

乳がんが肺に転移した時には、「フルート吹くのが苦しくなったからマリンバにするわ♪」とお乗り換え。
まるで「パンがないからケーキを食べるわ❤」に聞こえますがそんなよーなもんです。
結局、東京暮らしで留守だった私の部屋にマリンバちゃっかり置いて。
転んでもタダじゃ起きない人でした。


楽器見てると次々と思い出が浮かんでキリがありません。


ちなみにサックスで思い出すのは、2年ほど習った先生のこと。
映画俳優さんへの短期習得レッスンも依頼されるような教え上手さまで、演奏もめっちゃ格好よくて、それはそれは・・・。

スパルタΨ( ̄∇ ̄)Ψ

初心者相手でも慰めの言葉など一切抜きで何度もオクターブ吹かされたこととか、鮮明によみがえります(怖)。


そんな血と涙が染み込んだサックスさん、どうしようかなぁ。


かなゑでした♪

おんとも

私のブログにたまーに登場する神楽坂。
学生時代に寮生活していた思い出いっぱいの街です。

今日はその神楽坂へお出掛け。
この街の教会でお世話になっていたH先生のピアノコンサートです♪


会場の「音楽の友ホール」には入るのお初。
ベーゼン置いてあるんですね。
定員200のホールにしては天井高めで
ピアノの音がよく登っていく印象を持ちました。




そんなピアノの音色も味わいながらのひととき。
ほとんどがインプロビゼーションで、H先生の情熱が音を花火のように弾けさせているのを感じました。
こういう「瞬間の芸術」ってほんと心がワクワクします。

会場では懐かしいお顔に再会もできて、そちらも嬉しい時でした。
ありがとうございました。



で。
情熱的なコンサートのあとは、ふと目に留まったお向かいの野菜屋さんへ。




カラフルなトマトがあったので、るんるんと今夜のサラダ用に購入。


そしてご機嫌で店を出たところ…、


「かなゑちゃーん」とニコニコ手を振りながら歩いてくる人が。


ん?ん?ん?

寮生やん。

もとい、元寮生やん(笑)。



あまりのタイミングの良さに唖然としてる私に「かなゑちゃん何してんのー?」と冷静な彼女。
思わず私も「トマト買ったのよ」。
「へー、そうなんや。」
って、 偶然会ったのに日常会話すぎ(笑)。


そんなわけで、懐かしの街はタイムスリップのような時間をプレゼントしてくれました。
ちゃんちゃんっ。


かなゑでした♪

ホールに行くと歌いたくなる

年が明けてから、生で音楽を聴く機会に恵まれております。


①まずは、当日朝に「時間できたから観に行っちゃお」とチケット購入したリトルマーメイド。





飯野さん、村さん、荒川さんとベテラン俳優様たちもご出演で、なんとも懐かしい限り。
中学高校大学と私の音楽性に影響を与えてくれたアーティストさんたちでもあります。

ただね、ベテラン様たちの実年齢を考えると、未だにあれだけ歌ったり踊ったりワイヤーで吊るされたりしてるのは気の毒に思えてもくるのですが…。
プロ根性なのかなぁ。すごいです。


②そして友人のお歌の発表会@松尾ホール。





松尾ホールへは初めてうかがいました。
こじんまりした良い大きさですね。
天井が低いのがお歌には辛くないかしらと思いましたが。

そして、お正月気分も抜けきらない時に発表会とはこれまたすごい。( ・∇・)

皆さん楽しそうに演奏していらして、改めて歌って素敵な趣味だなと感じました。
友人は表現力に磨きをかけていて、「おぬしやるな」と感心&「あの上達ぶり何だか悔しいわ」と刺激をもらって帰宅しました。


③さらに今日は毎年恒例の『クラシック・ショコラ』へ。



さすがに開腹手術から3ヶ月弱では歌えんだろーと、出演は控えた今回。
ささやかなお手伝いだけしつつ、ゆっくり客席側で楽しませていただきました。

リハーサルからお邪魔して仲間たちの演奏を拝聴。
10年以上の付き合いなので音を聴くとすぐ気持ちが分かると言うか、それぞれに課題を持って取り組んでいる姿勢が感じられました。
だから、嬉しいと同時にウズウズ。


やっぱやっぱ歌いたいなー。


来週からレッスン再開もお願いしたところなので、今年も私の一番の趣味は『歌』でまいりましょ!


かなゑでした♪

Ottobeurenのパイプオルガン

テレビでカール・リヒターさんがバッハ弾いてたオルガンが気になって仕方ない。

観たい!聴きたい!!

ドイツのオットーボイレンという街の教会(修道院)にあるというこのオルガン。


調べてみると、バジリカ様式の教会に3つオルガンがあるらしく( ´∀`)
内2つはチャンセルの左右にどぉーんと据え付けられてる様子。

こりゃなおさら観たいです。


興味のある方、ぜひこちらのリンクを↓
リヒター氏の演奏も動画あり。
トン・コープマンの演奏も。


http://mypipeorganhobby.blogspot.jp/2009/05/1766-riepp-organ-at-ottobeuren.html?m=1


街も素敵そう。
いつ行けるかなぁ…。
はぁ、ドイツしばらく行ってないよ、行きたいよー。


かなゑでした♪

創立138周年!

教会の創立138年を記念した礼拝が行われました。
私も聖歌隊で礼拝奉仕させていただけました♪
感謝。



礼拝後のお食事会では、教会の歴史も楽しくクイズ形式でお勉強。

講義所が開設されたのが明治10年(1877年)。
その後、関東大震災や東京大空襲などで繰り返し焼失しながらも、宣教師や信徒の熱意によって再建されてきた教会なんだそうです。
建物が大事なわけじゃないけど、そこに込められた先人たちの思い=信仰の熱さは相当なものだったんでしょうね。


そして、食事中には聖歌隊の指揮者(オルガニスト)Wさんともお話ししていたら…。

来月、岐阜県美術館のオルガンコンサートに出演なさるとの情報が↓↓

http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/page5001.php

というわけで、岐阜の皆様(^-^ゞ
11/8(日)14:00~、ぜひ県美で素敵なパイプオルガンの演奏をお楽しみ下さい。
入場無料だしねっ。

◆プロフィールはこちら
http://www.k5.dion.ne.jp/~cecilia/C3_1.htm#2


かなゑでした♪

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(209)
  • 美術・芸術(54)
  • 遊び(144)
  • 食べ物(106)
  • 旅行(64)
  • 未分類(100)
  • 音楽(114)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(36)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(20)

アーカイブ