04
1
2
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

Kindle unlimited 1st wk

色々とlimitedになってると噂のKindle unlimited。
1ヶ月の無料期間使ってみることにしました。

目についたものを読んでみるというスタンスで、どの程度のお得感があるかを体験してみることを目的に。

備忘録にこの1週間ほどで読んだものをメモ。


「ENGLISH JOURNAL 2016.10」

母と購読してた雑誌なのでunlimitedに見付けて嬉しく。
実際読んだのは1/4くらい。
それでも十分勉強になると思う雑誌。


「技術翻訳 奥義と裏技(1):翻訳とは 無生物主語構文」富井篤

こういう翻訳の知識が知りたかった!
産業技術分野の翻訳に関する本だけど、一般的な翻訳ハウツーも学べるのでシリーズ通して読んでみたい。
残量あと半分。


「夢をかなえるゾウ2」
「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」水野敬也

シリーズ進むにつれてリーダビリティが増してます、少なくとも私には。
コツを売りにするような自己啓発本が多い中、自分を変えるべくコツコツ努力することを(ここ笑うとこー!)教えてくれる本。
それだけに水野さんご自身も物書き技術アップに努力し続けておられるのかなと想像しました。
恩着せがましい(暴言失礼、でもあるやん)自己啓発本が苦手な方にオススメしたい笑えて泣ける小説仕立て。


「どうしよう」壇蜜

はい、他人事に思えないので選択。
ちょっと自罰的で、ユルくて、鋭い感性あふれる壇蜜さんのエッセイ。
お堅い本の合間の休憩に良いです。
今15%まで読みました。


「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」中島聡

私自身もアメリカ企業勤めの身になってから「当たり前」にせねばならなくなった時間管理。
だいぶ慣れたけどまだ崩れてしまう時があるし、一般的な日本の傾向を考えるという意味でも、中島さんのお知恵をどれだけ頂戴できるか楽しみなところ。
さすがWindows95開発なさった方、アイデアの伝え方がお上手です。
今14%なり。


「超一流の雑談力」安田正

人間関係、ことにビジネスシーンにおいて雑談って影響力大きいんだよと諭されてるような一冊でした。
雑談に関する本はたくさん出ているので読み比べてみるのもおもしろそう。
本の流行を眺めることは、現代社会が抱える不安やニーズを把握するという心理家としての情報収集活動でもあります。なーんて。


このペースで読めば古本屋さんの100円コーナー物色するよりはお得かしらと、今んとこの感想。


かなゑでした♪
スポンサーサイト

『舟を編む』

最近はノンフィクションを読むことが多かったので、数か月ぶりに小説を読んでみました。

今更ながらの
『舟を編む』by三浦しをんさん。




辞書編纂のお話ということで、もっと硬くて重い内容かと想像しておりました。
でも爽やかに想像を裏切られて良い気分(^_^)


加えて、大学時代にバイトしていた珈琲専門店を思い出しました。

そのお店のマスターはむかし新聞社勤めだった方。
「どんどん辞書ひかなきゃダメだぞ」と口癖のようにアドバイスして下さり、自らも愛用していた手元の国語辞典(漢和辞典だったかも?)を、バイトの我々にもよく貸してくださったものでした。

しかもその珈琲屋さんは大手出版社の近所だったので、常連さんには出版業界の方も多く、バイト中にそうした方々とお話しさせていただくのがとても楽しく刺激的でもありました。


そのマスターは亡くなられて、珈琲店ももう無いんですけどね…。
そこで交わした【言葉たち】は今も私の中に生きてるし、辞書や活字の大切さも教えてもらえたんだなと、改めてありがたく感じました。


かなゑでした♪


ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(192)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(102)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(0)
  • 家族(2)

アーカイブ