07
2
4
8
10
11
13
15
17
19
24
25
30
31
   

花火大会

人ごみが嫌いなので、花火大会はここ数年避けてます。


というか、父や母の入院中、病院からの帰り道に1人寂しく観た花火の印象が強くて、花火を思うと切なくなってしまいます。
花火の会場まで歩いて行ける距離だったので、家族で散歩しながら毎年出かけたものです。
そんな何気ない年中行事が出来ない寂しさ…。
まだ数年はひきずるのかなぁ。


今は、もし自分に子どもができたら、一緒に観に行きたいなぁって思ってます。


で、今日はその花火大会。
我が家は会場から数キロ離れてるので見えないと思ってたらこの通り!
建物の間からちょうど見えました。
やっぱ、嬉しかった。


DSCF0360.jpg
DSCF0363.jpgDSCF0362.jpg
DSCF0365.jpgDSCF0366.jpgDSCF0364.jpg
DSCF0368.jpgDSCF0361.jpg
DSCF0367.jpg


遠いのでさすがにピンボケさんばっかりになっちゃいました。


1人でしみじみと味わう花火もいいものでした。

スポンサーサイト

オペレッタ

友人や知人が出演するということでオペレッタを鑑賞。


全国川サミットの記念事業なんだそうで、川にちなんで「水神」という河童伝説のおはなし。


<プログラムから>
TS280119.jpg


会場はとある町の公民館。
この町では10年以上も創作オペレッタを町民とプロが一緒に作っているのだそう。
700名の会場が2夜公演で満員になるのですからすごいです。


<カーテンコール> 
TS2A0235b.jpg


実際、鑑賞して驚いちゃいました。
いわゆる「参加することに意義がある」みたいな市民オペラへの偏見ってのを私も持っていたと反省。

出演者やスタッフの意気込みがちゃんと形になって観客に伝わってくる作品でした。
さぞかし練習なさったんだろうと思いながら、いやいやそれ以上に、お話に引き込まれるように観させていただきました。


「川の清らかさを守ること」、「治水を行うこと」


内容も、川と共に暮らす者にとって大切な歴史・教訓を伝えてくれるもので、娯楽というよりメッセージ性の強い力強い作品でした。
でもキレの良い演出のおかげで、娯楽としても楽しめました。


うーん、面白かったです!



☆今日の美味しいもの☆


桃のミルフィーユガレット
桃のミルフィーユガレット


鑑賞後の感想を交えつつのティータイム。
桃って皮付きでも美味しいんですね。

夏です、鮎です

夏になると一度はヤナに行きたくなります。
とれたて(とは限らないけど)の鮎を自分で焼いていただきます。
素焼き、塩焼き、味噌田楽、雑炊。
うーん、今年も行かなくては!


で、これは偶然お目にかかることができた塩焼きさん。
美味しかった~。


鮎塩焼き


香魚といわれるだけあって、やっぱり香りが素晴らしい!
川魚ばんざい。


そういえば、「鵜飼料理」というのを「鮎を呑みこんだ鵜を丸焼きにする料理」だと思ってた友人がおりました。
七面鳥の丸焼きのイメージ?

ハープ

ハープの演奏会に誘っていただきました。


葵美妃さんのコンサート。
「~暮れなずむ夏の日の~ ハープの調べ」

グランドハープ、アイリッシュハープ、そして弦楽四重奏団との共演。
コンサートの名の通り、夕涼みがてらゆったり演奏を味わうことができました。


ハープ


ちょっと暗いですが、真ん中がグランドハープ。
右後ろにある小さいのがアイリッシュハープ。


グランドハープの水の粒がぽろんぽろんと流れていくような優雅な音色には、身を委ねたくなるような心地よさがありました。
でも近くで拝見すると、ペダルもいっぱいあるし、なかなか忙しそうな楽器だなあというのが感想。
あの美しい音色の陰には、奏者のご努力があるんですね。
運ぶのも重くて力が要るんだそうです。


そして、アイリッシュハープが奏でる「庭の千草」や「ダニーボーイ」からは、生活の中で弾き継がれてきたであろう素朴でちょっと物悲しいような美しさが感じられ、胸がきゅーんとしました。



♪今日のお気に入りMusik♪
  Enya "The Memory of Trees"
   アイルランドといえばEnya(しか知らない私)。
   学生時代、このCDを聞きつつ勉強してました。

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫(横浜)に初お出かけ。
長い梅雨が続くものの、この日は曇りで暑くもなくありがたいことでした。



赤レンガ倉庫看板

TS280112.jpg
ML_TS280113.jpg



昼食はおフランスの香り漂うガレット。
やっぱ、都会はハイカラなものがあるなぁー。
気分はもうフランス人!


<シーザーサラダのガレット>
ML_TS280111.jpg



クレイアニメのお人形も展示中でした。
何でこんな可愛いのが作れるんでしょう?
詳しくは、伊藤有壱アニメーション展 http://itooncafe.com/


<NHKの「ニャッキ!」の体や頭がずらずら>
ニャッキ!
「ニャッキ!」をご存知ない方はこちらへ
ttp://www.nhk-ep.com/chara/knyacki/index.html



<ピンキーちょうだい、ピンキーちょうだい♪>
ピンキー



お腹がすいたのでおやつ。
都会はおやつもハイカラだよぉ!


<ブリオッシュ・コン・ジェラート>
ブリオッシュ・コン・ジェラート


コレ、一度食べてみたかったの。
ブリオッシュにジェラートを挟んで、パン焼き器で焼いてくれます。
外はホカホカ&中はひんやり。
気分はすっかりイタリア人!?

ルーブル美術館展

東京藝術大学大学美術館で「ルーブル美術館展」を鑑賞。
http://www.ntv.co.jp/louvre/


TS280115.jpg


こんな感じ。


大理石とは思えないような曲線美を放つ像がいっぱい。


衣なんてふわふわふわ~。


ミロのビーナス(本物は来てないけど)の3D映像なんてのもありました。

いつかルーブル美術館まで出かけて見てみたいものです。



こちらは藝大美術館近くの「旧東京音楽学校奏楽堂」
http://www.taitocity.net/taito/sougakudou/index.html



中には入れませんでした…。


☆今日の美味しいもの☆


ML_TS280110.jpg


夏です!ビールです!
天王洲アイルでの夏祭り。
海を見ながらまったり飲むビールもいいものです。

同じ山です

雨が続き、川では増水すると同時に、たくさんの霧(ガス?)が発生してます。


そのせいか今日はこんな光景が見られました。
まるで浮かんでるみたい。
ちょっと不気味で怖いというか。


ML_TS280108.jpg


ちょっと古くて小さい写真ですが、普段はこんな山。

20060721224423.jpg


300m程度の山ですが、天候でこんなに姿を変えるんですね。

焼肉

女2人で焼肉をがっつり食べてまいりました。

仕事の後、30分程かかるお店を目指して、おっきな声でお喋りしながらドライブし、


着いたら着いたで、「やったぁ!着いた、着いた。いえいっ!」と大はしゃぎし、


メニューを見れば、「絶対、ネギ塩タン!」「私はカルビが食べたい!」と盛り上がり、


肉が目の前に出てくれば、


(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!


ネギネギネギネギネギ塩タン?


タンの上に乗っかった大量のネギに絶句。


写真取りそびれたのですが、それはもう大盛り。
同じお店でも何故か今日だけ大盛りの様子。
頑張って食べましたが、段々主役はタンなのかネギなのか分からなくなってきます。


そして、更に出てきたのも


ネギネギネギネギネギ塩豚カルビ


タンを追加注文したら、やっぱり


ネギネギネギネギネギ塩タン


食べ終わった時には大量のネギの山が3皿。
捨てられちゃうんでしょうね?
切りすぎたんでしょうかね?


もちろん普通のタレのカルビとかも美味しく頂きましたし、ネギ塩タンもとっても美味しかったですが、しばらくネギさんの顔は見たくありません。


というわけで、ネギの話題で大笑いしながら2人大満足で帰って来ました。



♪今日のお気に入りMusik♪
  Lena Maria "Amazing Grace"
   優しく可愛らしい歌声でのゴスペルソング。
   日本語もとても綺麗に歌われる方です。

フランス語もいいかも

今、テレビを観ています。


NHKのフランス縦断の旅。
今夜は「プロヴァン」の生中継。


中世の姿を守っている世界遺産の町だそうです。
のどかな雰囲気で、お散歩したくなっちゃいます!

で、この番組、地元の方のおうちにお邪魔したり、街中を歩いてみたりと、自分が旅行してるみたいな気分にしてくれてワクワクしちゃいます。


当然、地元の方の話もそのまま聞けるので、語学大好きなゑにはたまりません。


これまでフランス語はどうも食わず嫌いでしたが、こうして生のフランス語を聞いていると、なかなか素敵。
どんな言葉でも生き生きと使われていると、魅力的に感じられるものですね。



♪今日のお気に入りMusik♪
  スーザン・グラハム "アーン歌曲集"
   フランスつながりにてアーンの歌曲。
   メゾソプラノのCDが欲しくて出会った1枚。
   お味のしっかりした上品なケーキを食べてるよう。  

嬉しい一言

1年以上会ってなかった方とひょっこりお会いする機会に恵まれました。


30分ほどお話できたので、「お互いに走り過ぎないように生活しないといけませんねえ。」なんて話をしておりました。
まあ、同年代の方が陥る状態は大体似たり寄ったりなんでしょうか。


で、私が「最近、人から“話しかけやすくなった”って言われるんです。それが嬉しくて。」と言うと、

その方が急に神妙な顔をして

「こんなこと言うのも失礼かと思うんですが、角とれました?」


「私、そんな角ばってました?!」


「あ、ええ。さっきお会いした時にゑさんだって分かるんだけど、分からないような。
雰囲気が違うので戸惑いました。」



良かった!老けて雰囲気が変わったのではなかったようです。


いやいや、


良かった!つまり“あなたは角張ってましたよね”てな事が言ってもらえたことが。



最近、以前は話しかけ辛かった・隙がなかった・怖かった、と言われることが時々あるのですが、そういう事を言ってもらえるのがこんなに嬉しいことだとは思いもしてませんでした。


まだまだ私、角がいっぱいだと思うので、根気よく磨いて丸くしていきたいと思います。

お盆

毎年7月、祖母の家ではご先祖様を迎えます。



今年も13日に迎え火を焚き、座布団を並べて「どうぞ、どうぞ、お上がり下さい」と家の中に上がっていただきました。


そして小さなお膳におかずを並べて用意します。
これが3日間毎食なので結構大変。


ちなみに昼食にはそうめんとみつ豆が並んでました。
「そうめんだけじゃ申し訳ないからデザートも付けてみた。」と祖母。
丁寧なんだか、手抜きなんだかよく分かりません。


お膳の数は5つ。
(私からみて)「祖父」、「曽祖父」、「曾祖母」の3人分は納得。


あれ?もう2つあります。


これは私の父と母の分なんだそう。
娘夫婦をお盆で迎えるなんてちょっと切ない気もしますけど。


父は実家があるし、母はクリスチャンなので、お迎えしなくてもいい方達なんですが、「一緒に来てるはずだからね~。」と、お膳の準備は大変ながらも楽しそうな祖母。


普段は祖母1人の家も何だか賑やかな雰囲気になります。

状況依存記憶

つい先日、母が最期を過ごした病院に行く機会がありました。
母が亡くなって以来、何回も行くことはあったのですが、先日は数ヶ月ぶりでした。


向かったのは外来でも病棟でもなく、会議室。
とある勉強会に参加するためです。


さて、普通に話を聞き始め、ふむふむとメモを取っておりました。
周囲には母の知人やお世話になったお医者さんや看護師さんの姿も。


そして、ふと


「この病院で色んなことがあったなぁ」


と思い、ふぅーっとため息。


すると次の瞬間、驚くほどの勢いで当時の記憶がぶわーっと蘇ってくる…。


何があったとかって事柄じゃなくて、


 「廊下の明るさ」


 「部屋に流れる空気」


 「冷蔵庫を開けた風景」


 「家族で話してる感じ」


 「寂しくて、楽しくて、怖くて、穏やかで。わたしの気持ち。」


 「・・・・・・」


 あれ? 涙。 悲しいよぉ。


 だめだ、帰ろうっと。


というわけで、始まって15分で帰ってきちゃいました。


久々に行ったのと、会議室だったのとで気持ちが無防備だったようで、びっくりするくらい気持ちが混乱しちゃって、帰り道は運転してても涙が出てくるほど。

ここのところ蓋をしてた気持ちなのか、これ以上溢れ出てきたら大変とばかり、FM聴いて気分転換♪
あーあ、崩れるのが怖くてまた蓋してしまいました!



文脈(状況)に依存して想起される記憶って、感覚的なものが多いのかしら?
ちょっと落ち着いたら、今度は小難しくそんなこと考えてました。


素直になんて簡単になれるもんじゃありません。

平和の鐘

昭和20年7月9日


私の住む町では大空襲があったそうです。
死者900名。


私には想像もできない出来事ですが、祖母などからその日の様子を聴くと、本当にそんなことがこの町にも起きたのかと不思議な気持ちになります。


さて、今日は7月9日。


市内のお寺や教会では朝9時に「平和の鐘」を鳴らします。


私たちの教会でも牧師さんが鐘を鳴らして下さいました。
こんな小さな鐘ですが、大きな音を響かせてくれます。


鐘


今朝はどしゃぶりの大雨で鐘の音もかき消されてしまうほどでしたが、平和を祈る声がこの世界の中でかき消されることがありませんように。



♪今日のお気に入りMusik♪
  "地球交響曲 第五番"
   「全ての存在は繋がっている」
   この映画にはほんと救われました。
   “命”を語る素晴らしい作品です。

レモンの輪切り

祖父母を誘ってランチに行きました。


今日のお店は「Soy Cafe」
http://gifu.e-machi.ne.jp/1012940/


<さわらの香草焼き、夏野菜添え>
ML_TS280104.jpg



温かい香草焼きに、つめたーい夏野菜が添えられていて、バルサミコソースで頂く1品。
見た目を裏切る夏らしいあっさり感でYummy!


そして、祖父はオムライスに感激。
「ふわふわやな~!」


更に、祖母は紅茶に添えられたレモンの輪切りに感激。
「まわりの皮が切り取ってあるなんて、心遣いがうれしいわねぇ。」

お会計の時も「レモンの皮って紅茶に入れるのがイヤなんですけど(渋いらしい)、きれいに切ってあって、温かい心遣いに感激しましたわ!」


わが祖母はささやかな事柄にも大感激できる人でして、このあと数時間は幸せな気分が持続。
たかがレモンの輪切り、されどレモンの輪切り、です。



♪今日のお気に入りMusik♪
  "ヨーロピアン・ジャズ・トリオ, ノルウェーの森"
   暑くてイライラしていた夜に聴いたらよく眠れました。
   レビューにもありますがほんと「クールミントガム」です。

合宿行ってきました!?

合唱団のみんなで観光バスに乗って。


おしゃべりしながらランランラン。


今年も楽しい夏の合宿。


車窓の景色は瀬戸内海。


うわー、鯨が岸まで来てるよぉ。


もうすぐ昼食のお店に着きまーす。


「(・・。)…ん?私ってお店に人数の電話したっけ?
 してないよなぁ。」


わーい、降りましょ、降りましょ。


まずは写真撮影でーす。


「おかしい。まだ宿泊先にも人数の連絡してないし。」



「あーーー、これ夢だ!」



夢が夢って分かるとすんっごい嬉しい!
してやったりって感じです(誰にだろう?)。


でも、瀬戸内海やら鯨やらが出てきたところで気づかなかった自分も悔しいなぁ。

おばさま

外国へ旅行に行っても日本語で喋り通すおばさまって少なからずいらっしゃいます。
何故か通じてしまうというか、言葉なんていらないんじゃないかと思ってしまうというか。


そんなおばさまパワーを間近に見る機会が時々あります。


それは語学のレッスン中のこと。


講師はネイティブのレッスンなので原則として日本語はタブー。
みんな初心者でも何とかして外国語で喋るようにと四苦八苦しつつ頑張ってます。


んで、おばさま方も始めのうちは日本語使わずお話なさっているのですが、

STEP1(日本語で独り言)
  「あ、それは○○のことなのね、うんうん。」


STEP2(なぜか講師に日本語)
  「え?じゃあ、△△は何て言うの?」


STEP3(堂々と日本語で会話)
  「じゃあ、ここは過去形になるわけね。」
  「あらそう!やっぱり日本語じゃないと理解できないわよねぇ。」
  「そうよねー。」


さすがです。
外国語なんて習わずとも、どんな国だって日本語だけで旅できそうな勢いです。


それに比べて私は…。
愛想笑いしながらそのやりとりを見つめるしかなく。
まだまだ人生経験が足りないんだなぁと思うばかりです。



♪今日のお気に入りMusik♪
  "Antonio Soler, Fandango / 9 Sonates"
   チェンバロ奏者Scott Rossによる録音。
   ちなみに、Solerの本名は
   Antonio Francisco Javier José Soler Ramos
   スペイン人は両親の姓をもらうので長いのだとか。
   神父でもあったのでPadre Solerとも。ややこしい。

生八つ橋

デイケアでは時々調理活動をします。


電子レンジを使った簡単レシピを持ってきて下さるスタッフのおかげで、毎回美味しいお菓子や料理がいただけます。


今回はこれ↓


<生八つ橋>
生八つ橋


これも電子レンジで作りました。
部屋中にニッキの香りが漂う中、柔らかで美味しいおやつでした!


てか、私は食べただけなので作り方はわかってませんけど。


この調理活動では、普段は「男子厨房に入るべからず」であろう男性の方々もエプロン&三角巾を身につけ、なかなか熱中して作ってらっしゃる姿が何ともほほえましいです。



♪今日のお気に入りMusik♪
  "加藤登紀子, 春待草"
   大切な知人からいただいたCD。
   最近やっとじっくり味わえるようになりました。
   静かな哀愁を湛えた詩が不思議と希望を感じさせてくれます。

魔笛

今日は、外国人さんのオペラを初めて鑑賞。


プラハ室内歌劇場のモーツァルト「魔笛」


Die Zauberfloete


今日行ったホールは、ボックス型のコンサートホール。
なので、どうやってオペラやるの?と興味津々で出かけました。
そしたら、舞台の下手4分の1がオーケストラピットに。
お蔭で、オケと歌手とが同時に見られるお徳感たっぷりな舞台でした。


ただ、歌手から指揮者が何とも見辛そうで、微妙に息がずれる所もあり、素人の私がドキドキする必要もないのにドキドキしちゃったりして。
生の音楽の面白さも怖さも感じます。


とはいえ、本場のプロはすごい。
知らぬ間にドラマに引き込まれ、音楽に酔わされ、指揮者の後姿に恋し、あっという間の3時間。


(ー) フフ 指揮者さん、若くて、なかなかカッコいいのです。


Martin Mazik
Martin Mazik


おじさま大好きなゑも今回は若者にきゅるりーん!


タミーノ王子様もなかなか誠実butキザな感じでゑとしてはツボ。


カーテンコールで2人並んだ時には「タッキー&翼より絶対格好良い!」と心の中で叫んじゃいました。
…でもKinki Kidsには劣るんですよねぇ、残念。


以上、至福のひとときでした♪



♪今日のお気に入りMusik♪
  "Mozart, Magic flute(魔笛)"
   コリン・デイビス指揮。ドレスデン・シュターツカペレ。
   持ってるCDじゃないけど。魔笛、1枚は欲しいです。   

美脚ソックス

祖母宅にて。


椅子の脚に何やらくっついているものが。


TS280094.jpg


近づいてみましょう。


あら。カエルさん、こんにちは。


ML_TS280095.jpg


こちらはアヒルさんですね、こんにちは。


ML_TS280096.jpg


まるでソックスのような脚カバーです。


貴方の美脚に今年イチオシのアイテム!



☆今日の美味しいもの☆
天下の「佐藤錦」ですよ~!
味も食感も豊かでおいしぃ。
当然、頂き物です。ありがたや。


TS280098.jpg ML_TS280097.jpg

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(192)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(102)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(0)
  • 家族(2)

アーカイブ