02
1
2
3
5
6
8
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
28
29
   

ピアノの嫁入り

知り合いのおうちで使われなくなっていたローランドの電子ピアノ。

めでたく我が家に嫁入りしてきました。

結納金もなくタダで来てくれたので、ありがたいこと限り無し。

いらっしゃい、よろしくね♪

TS370549.jpg

ただ、大変だったのは2階まで運び上げること。

鍵盤部分がやたら大きくて重くて、すっかり腰痛になりました。

 

さぁ、次はこの子にお名前付けなくっちゃ。

何てお名前にしようかなぁ?

スポンサーサイト

うさぎが戻ってきたよ

「N○○Aうさぎ」が帰ってきました!

TS370537.jpg

お茶の間留学は1月から再開。

私も再入会手続きをしてきました。

払い済みの授業料もほとんど損せずに済みました。

4ヶ月ぶりにレッスン受けられます。ルンルン。

 

でも。

 

凹んでます、ちょっとだけ。

 

いや、結構凹んでるかな。

 

だって、

 

レベルチェック(テスト)受けたら、レベル下がっちゃったんですもん。

 

1年前に上がったレベルから落ちたんですよ、これはショックです。

1年前より喋れてないってことよね。

 

「継続は力なり」かぁ。

数日間の詰め込み勉強では会話はどうにもなりませんでした。

甘くみてました。反省。

講師の方々も3ヶ月の苦いパウゼを乗り越えてお仕事してらっしゃるとのこと。

私もがんばろぉー。

うだつの上がる…お雛様

うちから30分ほどドライブすると「うだつの上がる町並」があります。
うだつとは屋根の両端に作られた防火壁のこと。
(写真に撮るのすっかり忘れました。)

近くを通りかかることはありましたが、初めてちゃんと見に行ってきました。

TS370544.jpg 

こちら↓は屋根の「むくり(起り)」が立派な造り酒屋さん。
1772年頃に建てられたものだそうです。
しぼりたての原酒を試飲させてもらえます。

TS370538.jpg

さて、2月~4月にかけてこの町の家々にはお雛様が並びます。
江戸時代のものから、明治・大正・昭和のものまで、様々。

TS370543.jpg TS370542.jpg

スタンプラリーでたくさんの家をまわると賞品がもらえたりします。
スタンプ欲しさに色々な家やお店にお邪魔できるので、地元の方とのお喋りも楽しめました。

お雛様だけでなく、懐かしさを感じさせる風景もあちらこちらに。
駄菓子屋さんもあったので、かるめ焼き買って帰ってきました。

TS370541.jpg TS370540.jpg

あ~、まったりお散歩できました。

近いのに知らない場所ってあるもんですねぇ。

鉄子じゃないけど

長崎からの帰り、特急かもめに乗ってみました。

TS370529.jpg

九州の特急って、特急料金出す甲斐が「速い」だけじゃなくて「何だかスタイリッシュ」という点にもあって素敵。

 

早朝だったので、諫早湾の風景を満喫できました。

白んできた空と海に、徐々にほのかに色が浮かんでくる情景なんて、じぃーーんと来ます。

その時に感じたこと、浮かんできた言葉をいっぱいメモしました。

(旅をしながら感じたことをメモするのはU様に教えてもらったの♪一度やったらはまりました。)

PAP_0535.jpg

これが1人じゃなかったらじっくり楽しめない。

やっぱりまた一人旅に行きたくなりました。

あぁ、今度はベルギーの電車に乗ってみたい。

行きたいなー、行きたいなー。

長崎に立つ

長崎はランタンフェスティバルの真っ最中。
昼間は龍が練り歩き、夜はランタンで真っ赤に染まり、人いっぱいで盛り上がってました。

TS370524.jpg TS370527.jpg

でも、今回は観光が目的ではありません。

宿泊は教会のホールで雑魚寝。
お風呂はみんなで銭湯へ。
そして、朝食のトーストはストーブで↓

PAP_0536.jpg

という状態で、3日間の「平和を考えるプログラム」に参加してきたんです。

内容は、岡まさはる記念長崎平和資料館(http://www.d3.dion.ne.jp/~okakinen/)の新海智広さんのお話。
そして、原爆被災者である池田早苗さんの証言&フィールドワーク。

浦上天主堂 
TS370526.jpg

このプログラムで強く感じたのは「愛」「ゆるし」「加害認識」が平和のためには必須だということ。 (加害認識というのは、日本の戦争責任のような大きな問題も、個人の心に生まれる憎しみも含みます。)

それから「冷静さ」も大事ですね。
これは、原爆被災者である池田さんが「こんな経験は私たち一代だけで終わらせたいという願いをこめて、証言の後継者は作りません」と静かにお話されたことから感じました。
心の底では少しでも語り継いで欲しいと望まれているのではと思うのですが、大きな悲しみや痛みを知る方は違います。

更に細かく感じたことを書きたいのですが文才ないので諦めまして、以下に永井隆博士の言葉を引用させていただきます。
被害者という自分の立場に留まらず、誰も憎まず、愛の必要性を伝える博士の言葉です。

永井隆博士の如己堂
TS370525.jpg

「あの活気にあふれていた町を大火葬場にし,一面の墓原にしたのは,だれだ?…私達だ。「剣をとるものは剣にて滅ぶ」との戒めを冷ややかに聞き流し,せっせと軍艦を作り,魚雷を作っていた私達市民なのだ。」 『花咲く丘』より

「本当の平和をもたらすのは、ややこしい会議や思想ではなく、ごく単純な愛の力による。」 『いとし子よ』より

 

永井博士については、GHQに利用されて『長崎の鐘』を出版し、「原爆は神の摂理」と書いたことによってアメリカ(と日本の戦争責任者)を免責したとかで批判を受けました。

平和を願って執筆したところが、立場・理解の相違が絡むと話はややこしくなり「憎しみ」まで生まれてきそうな話。批判した方だって平和を願う方々ですから、人間って難しいものです。

同様に、平和を願うという名目で政治家や他国を敵視するようなことは日常的にありますが、そこにも「憎しみ」が生まれる危険があるってことで・・・。

 

ということで、自分を省みることが平和への一歩!

あぁ、そして今日も反省しっぱなし。

フライト10分前

20080209141624
聞いてないよ~、雪だなんて!
玄関開けてびっくりです。

「飛行機、間に合わないかも…。」と思いつつ安全運転で雪の中をぶーんととばして空港へ。はらはら。

飛行機出発10分前着でした(危)。

かつては国際空港だった今では小さな空港なので、出発ロビーにはあっというまに到着。
そして飛行機はまだ除雪中。
助かりました。

時間には余裕持たないといけませんね(反省)。

今は無事に目的地福岡に着いて昼食中。

でもやっぱ気持ち悪い。

出かけて来て良かったのかなぁ…。でも折角の旅行を中途半端な体調不良で諦めるなんてゑにはできませんっ!

これから仲間と合流して長崎行ってきます。

凍えそう

寒いです。

どんなに着ても寒いです。

凍えてしまいそうで、泣く寸前です。


あとなんとな~く気持ち悪い。

アイスクリームは食べられました。

ご飯系は匂いでノックアウトです。

大好きなクッキーさえ食べたいと思わないなんて驚きです。

ぐっすん。これってもしや胃腸風邪?
胃腸風邪なんて、子どもの頃以来かかったことないので分からないですけど。


とりあえず気を紛らわせるために英語の勉強をしてみようと思います。

結婚したいくらい

やっぱり弟が可愛くて仕方ないんです(困)。どうしましょ。

この週末には更に愛しさアップしてしまいました。

金曜に祖父の弟が亡くなったのですが、私は仕事などあって対応できず。

実家では、一日早く祖父が出かけてしまい、一人残された祖母はショックでフラフラ状態。持病で家事もままならず。

そんな中、弟は祖母を気遣って実家へ向かい、色々とお世話をしてくれてたんです。
しかも家では、仕事で疲れてる私を見て率先して夕飯も作ってくれました。

「嬉しいよぉ。頼もしいよぉ。」

頼りなくてだらしなくてまだまだ子どもだと思ってた弟が、いつの間にかしっかりしてきたようです。

おかげで私が弟にイライラしてしまって険悪な雰囲気になることも無くなってきました。
(私自身も細かいことにこだわらなくなってきたしっ♪)

家族だから助け合って当然と思われるかもしれませんが、これは弟にとって大きな変化。
弟も伊達に苦労はしてないなぁ。うんうん。

ただ、弟を愛しく思うほど色んな心配が出てくるんです(泣)。
事故やらかさないかしらとか、不審者に間違われないかしらとか、云々。

一生一緒にいるわけにいかないので、割り切らなくちゃいけませんよね。
「弟離れ」がんばろ~。

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(197)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(6)

アーカイブ