09
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

美味しくなくても食べたいもの

前にオージーカフェを教えてくれた方からのオーストラリアみやげ。

オーストラリアン&ニュージーランダーはみんな知ってるWeet-Bix。

PA0_0006.jpg  PA0_0002.jpg 

Whole Grain(全粒穀物)などをぎゅっとかためて固形にしたもので、

牛乳かけるとふやふやになってシリアルに。

味はそんな美味しいもんじゃないけど、素朴な香りが恋しくて時々食べたくなります。

ネットで買うと送料込みで1箱2,000円だとか。

スポンサーサイト

やっぱりドイツと歌が好き

1週間前に帰国しました。

その後は仕事で忙しくしてました。

 

遅ればせながら「ただいまー」

 

旅行楽しかったです。

スイス、ドイツ、オーストリア、イタリアとつまみ食いでまわってきました。

ひとり旅は自由だしとーっても好きなんだけど、パートナーがいる旅も良いもんだなと思いました。

 

さてイタリアは・・・。

やっぱり合わなかったみたいなので、もう行かないかなあ。

嫌いってわけじゃないんです。ただ合わない感じ。

食事はドイツよりダンゼン美味しかったし、ウフィッツィ美術館でデ・ヴィンチとか鑑賞できたのも良かった。

色々と情報いただいたのも役立ちました。多謝!

でも街が汚いのが残念。あれできれいだったらなあ。

あとイタリア人のしゃべり方が苦手みたい。声大きすぎ。

云々・・・。

 

ドイツ人は暗いって言われるけど、基本的に性格が暗い(?)私にはあの喋り方が落ち着きます。

実際、イタリアからミュンヘンに入ったんですが、ミュンヘン駅で「実家に帰ってきたみたいな顔してるよ」とダンナに言われました。

ドイツに転勤とかほんとにほんとに大歓迎なんですけどねー。

 

それから落ち着くといえば週末にほんとの実家に帰省。

日帰りで祖父母と弟の顔を見つつ合唱団の独唱&重唱の演奏会に行ってきました。

音楽から離れた日が続いてるので、生の演奏に触れられるってだけでもウキウキ。

しかもこの演奏会では初めてお客さんとして聴かせていただいたのが新鮮でした。

練習や準備のプロセスをほとんど知らない状態だったので、皆さんが舞台に立つ一瞬だけにじっと向き合って向き合って。

個性豊かな演奏から色んなドラマを感じました。

特に、昨年は病気で出演できなかった方が伸び伸びと歌われる姿には涙が流れ、ぴよちゃんをはじめ仲間たちのぐぐっと内容の濃い演奏には圧倒されました。

今回も聴きに行って良かった。

合唱団の皆様お疲れ様でした。

 

仕事に慣れて落ち着いたら、私も歌うんだもんーーーーー!

新婚旅行@ミュンヘン

新婚旅行で最後に訪れたのがミュンヘン。

フィレンツェから夜行列車でミュンヘン入り。

やっぱり私はドイツの空気に触れると安心するみたいです。

 

<フラウエン教会>
これは2年前の旅行で撮ったお気に入り写真。
Muenchen15.jpg 
今回も塔には登らず、夜のオルガンコンサートだけ拝聴。
イタリアの若手演奏家さんの演奏で、それはそれは情熱的というか元気。
初めてヨーロッパの教会でパイプオルガンを聴いたダンナには
「前からこんなの聴いてたのかよ・・・」と羨ましがられました。うふ。

 

<市庁舎>
一日数回見られる塔のグロッケンシュピール
Muenchen1.jpg Muenchen2.jpg
調子はずれな鐘の音に合わせて、等身大の人形がクルクル動きます。
まあそれだけのことなんだけど一応ミュンヘン名物。

 

<レジデンツ>
バイエルン王家の宮殿
Muenchen6.jpg
繊細な華やかさじゃなくて、荘厳な美しさを感じる宮殿です。
ドイツの知的な(頑固な)感じがして、好き。

 

<ヴァイスヴルスト>
ミュンヘン名物の白ソーセージを食べに行きました。
市庁舎すぐそばのレストラン「ドニスル」。
Muenchen7.jpg

白ソーセージはお湯に入って出てきます。
スプーンが入ってる壷は甘いマスタード。
付け合せは塩付ブレッツェルと決まってるとか。
Muenchen8.jpg

食べ方が独特で、切り開いて中身だけいただきます。
中身は、子牛肉・パセリ・香辛料。
風味が良くて美味しかったです。
Muenchen9.jpg 

 

<ビアレストラン>
一人旅ではいけなかった待望のビアレストラン。
ベタだけど観光名所の「ホーフブロイハウス」です。
店内はワイワイガヤガヤ。これぞミュンヘンて感じ。
Muenchen14.jpg

♪Ein Prosit, ein Prosit der Gemuetlichkeit ! ♪
この曲だけ立って吹くみたい。
Muenchen13.jpg

席は自分で探さないと座れない混雑ぶりで、相席頼んでようやく着席。
メニュー(左)はドイツ語版と英語版がありました。
お姉さんたちは力持ち(右)で、1リッタービール4個とか持ってました。
Muenchen10.jpg Muenchen12.jpg

ビールはほとんどが1リッター(ダンナが持ってるの)。
私は可愛く500mlにしときました。
相席になった方ともお喋りして、お祭り気分で楽しい夜でした。
Muenchen11.jpg

<市内交通>
ミュンヘンの市内交通は理解するまでが難しかったです。
お得な切符の種類もいっぱいあるからよく考えないと。
ドイツ鉄道の券売機(左)とミュンヘン市内交通の券売機(右)
Muenchen4.jpg

私たちが使ったのは10枚つづりの回数券(左)。
乗車する距離に合わせて必要枚数が決まるので、
乗車前に自分でその枚数分を打刻(右)。
 Muenchen3.jpg  Muenchen5.jpg         


ミュンヘンは他にも美術館とかオリンピック公園とかオクトーバーフェスト博物館とかあるんですが、そのへんは行かずに丸一日は日帰りザルツブルク観光に行ってきました。

「バイエルンチケット(28ユーロ)」は5人までバイエルン州内でほぼ一日乗り放題の切符で、ザルツブルク中央駅までも有効というスグレもの。特急は乗れない切符ですが、ローカル線でも2時間でザルツブルク着いちゃうので一日遊んで来られました。

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(192)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(102)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(2)

アーカイブ