05
1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
18
19
20
21
23
24
25
26
27
29
   

梅雨vs早起き

早起きするのが大好きです。

でも梅雨に入るとあんまり明るくならないので起きるのにちょっと苦労します。

明るくなる目覚ましはとても便利で、自然と目が覚めるスグレモノなんだけど、
これもやっぱり自然光の心地よさとは違うんですよね。

ま、仕方ない。


今朝は朝日が射して気持ち良い目ざめでした。

洗濯もできたし!

太陽が照って、カラスが鳴いて、子どもたちが登校していく朝。

良い気分です。
スポンサーサイト

暗記しようとする時、人は眠くなる

ドイツ語検定2級への道がやはり無謀ではないかと思えてきた今日この頃。
(・・・学習時間数から考えるとそうでもないはずなんだけどおかしい)

やっぱりやっぱり大変なのがこの2点。
 ・名詞の性が3種類もあって覚えられない。
 ・動詞の形が変化しすぎで覚えられない。

つまり、覚えることが多すぎます(涙)。
もう前ほど記銘力がないのがさらなる追い打ち。


【以下、少々愚痴】

いやー、冠詞や形容詞語尾の格変化はだいぶ大丈夫なんだけど、
これもそもそも名詞の姓が分かってないと意味ないんですよね。
会話だったら多少ごまかせちゃっても試験じゃごまかせないし。

動詞も不規則変化をするのが「例外」どころじゃなく多数あるから
なにがなんだか頭ん中が大混乱になってきます。
しかもそっくりさんがいっぱいいてよく騙される。
ほんとに何なんですかね、あのそっくりさん大会は。
活用すると他の動詞のほうが似てたりするのもあってびっくり。

しかも過去形と接続法第Ⅱ式は日常じゃそんなに使われないんだから
覚えようにも「慣れる」ことが難しいし、全部覚える必要はない気がしちゃう。
ドイツ人でさえ若者にはちゃんと活用できない人もいるって言うくらいだし、
ネイティブじゃないドイツ語ユーザーはどうやってドイツ語話してんですかー?!

【愚痴とりあえず終わり】


とはいえ、そんな職人っぽくて面倒なドイツ語がとても好きなのも事実。

論理的な割に合理的とは思えないドイツ語ってのが憎らしいと同時に魅力的なんです。

最近はドイツ製の家電が壊れやすくなってきたなんて話も聞くので、
合理性よりも論理性を重んじて良い物を作り続けて欲しいなあと思ったりもします。

H-moll 歌ってきました!

実は昨夜、バッハを歌ってきました~!

曲はミサ曲ロ短調。

うふふでしょ。うふふなんですよ。


とある合唱団さんが「ロ短調をほぼ全曲通すので歌える方は誰でもどうぞ!」という情報を出してらしたんです。
それで、これは行ってみなくっちゃと楽譜抱えて出かけていったわけです。

とっても楽しく、思いっきり歌わせていただきました。
やっぱりロ短調すてき。てか、バッハ様すてき。

あと、なんかねえ、不思議で幸せで新鮮な感じでした。
初めてお会いする方々だけど、一緒に全曲通せちゃうっていう不思議。
とても久しぶりに、しかも東京では初めてバッハの合唱曲を歌えている幸せ。
そしていつもと違う合唱団、指揮者、伴奏者とご一緒するという新鮮さ。
きっと色んな意味でなかなか体験することのない貴重な時間を過ごしたんだと思います。

そして色んなことを考えながら歌いました。
初めて中に入ってみた合唱団さんのこと、
地元の合唱団の先生や仲間の方々のこと、
自分にとっての歌ということ、
バッハの音楽のこと、などなど。

うん、やっぱり歌えるって良いです。

ありがとうございます・・・って色んな人に言いたい気分。

マッコリとオクトーバーフェスト


マッコリでヨーグルト。

完全に分離しました。(写真は横向いてるかな)

ちーん。



さて、ただいま日比谷公園でオクトーバーフェスト開催中ですよ。

青空の下で飲むドイツビールはたまらんですな。

今日は午後から雨らしいけど、オクトーバーフェストは11時からなので今から早速でかければ飲めるぞ!

ただねえ、高いんですよねビールもソーセージも。

出掛けるかやめるべきか悩むぅ。

お茶ぱうだー

緑茶をいただくことが続いて手元にたくさんたまってきました。

でも私、面倒臭いのかあんまり急須でお茶をいれて飲むってことをしないんです。

そこで!

粉茶にしちゃえば飲むだろうってことで、
ミル&ミキサーを買ってしまいました。
(正しくは「買ってもらいました」)

お茶っぱミル中。すごい音がするよーーー!
(あれ、写真がしまうまみたい。
蛍光灯のせいかしら。失礼。)
SH3F0037.jpg 


ところでこれを選ぶ時に知ったこと。

ミルは連続使用できるのは1分~2分程度。(5分のもまれに有)
そのあとは30分くらい休ませないといけないんですね。
モーターに負担がかかるからだとか。

それに比べるとミキサーは回転数が少ないのとモーター自体が
大きくて丈夫らしく、4分連続使用→2分休憩で良いとのこと。

最初はイワタニのミルサーを買おうと思っていたのですが、
そんなわけでモーターの寿命を考えてミキサーにしてみました。

大きいかなと思ったけどわりとコンパクトだったし良かった。

そして、お茶の味は・・・普通にお茶でした。 

Tante Marie




カマンベールチーズケーキで有名なタント・マリーのお店が湯島(前とは違う場所)に今日オープンしました。

写真は先週撮ったもの。
偶然通り掛かりに見つけたんです。


今日は特に湯島には用事はなかったんですが行ってきました。

というのは…タント・マリーを教えて下さったのはお歌の先生で、今日はちょうどレッスンの日だったから。

オープン記念にオリジナルバッグ入りの焼き菓子セットが出るとの情報があったので、是非プレゼントしたいなと思って一つ買っていきました…いつもちょこちょこお菓子いただいてるお礼に。


さて、紙袋持ってレッスンへ。


そしたら先生はまだ新装オープンをご存知なかったみたい(やったぁ)。
オリジナルバッグも「でかしたっ!」と喜んでいただけました(笑)。


ちなみに、おうち用にはカマンベールチーズケーキを初めて買いました。
これまでどうしてもお店(=工房)が見つからなくて買えなかったんですよね。

今夜はお茶をいれてだんなさんと一緒にいただこうと思います。

どんな味かなあ。

転んだら楽しむ

 いやー、反省反省。

自宅の鍵持たずに出かけちゃいけないですね(汗)。


今朝出かける時はだんなさんも一緒だったんですよ。
そして午前中近所でお茶しながら一仕事片付けて、その後に帰宅しようとしたら。
鍵がないことに気づきました。


 やっちまった。


どうしようかなあ。
でも夜まで近所でふらふらしてるわけにもいかないし。
一瞬迷いましたが、だんなさんの職場まで取りに行くことにしました。
まだ近くて良かった。


さっそく「すみませーん、鍵忘れたんで今から取りに行かせてくださいまし」と電話。
そしたら呆れた声で「はいはーい」の返事。

それから、かろうじて眉毛だけは書いてある顔&ご近所ふらふら用の服のまんま、
今日は乗らなくて済むはずだった電車に乗り込んでえっちらおっちら夫の職場(=母校)へ。

なんでしょうね、電車乗ってる時のこの情けない気分。

でも、ここでしゅぼんとなるのはもったいない。
久しぶりの母校付近を楽しむことにしました。

ちょうどお昼だったのでだんなさんと一緒にランチすることに。
初めて赤坂の油そば食べて(美味しくてすごい勢いで食べちゃった)、
お隣のハーゲンダッツでアイスクリームもいただいちゃって、
鍵忘れてたことも忘れちゃうくらい大満足。

それから「卒業生でーす」と母校の図書館に一日利用で
入らせてもらって心理学とドイツ語の本を物色。
借りることはできないけど本のリストアップはできました。
ついでに購買にも寄ってみたらドイツ語テキストも意外とい多いこと。
独検の申込書ももらって来られたし良かった。
やっぱり大学なんだなあ。

更に、前から気になってた語学スクールも近かったので
ドイツ語講座の話を聞かせてもらってきました。
グループレッスンは入門・初級以外はなかなか人数が集まらず
開講されないことが多いと判明。
プライベートレッスンは恐ろしいほど受講料が高いことも判明。
こりゃだめだから、別のところ探さなくちゃ。

最後に駅ビルで必要な買い物も終了。

うん、なかなか充実した時間が過ごせました。
二度と鍵は忘れたくないけど。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011

今年もラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭に行ってまいりました。 


SH3F00281.jpg

今回のテーマはタイタンたち。
R.シュトラウス、リスト、マーラー、 ブラームス、シェーンべルクの曲を中心としてプログラムが組まれています。

ただ今回は震災と原発の影響があって開催自体も危ぶまれたようです。
海外からの演奏家はやっぱり来日が難しかったようですし。

それでもやや小さい規模ながら立派に開催されててファンとしては嬉しくなっちゃいました。
大変な中を準備して下さった事務局の皆さまには頭が下がります。
大御所演奏家の多くは不在で寂しいけど、海外からの若手演奏家も頑張って来日して下さっていることにも感謝。
みんな、CD買ってあげないとねえ。


さて、今日聴いたのは2つのプログラムです。

まず、イギリスのアンサンブルグループVoces8
ブラームスやブルックナーのア・カペラ曲を演奏して下さいました。
若々しいコーラスで素晴らしかったです。
(ご参考までにYou Tubeから。フランスでの様子↓)


そして次にシェーンベルクの「月に憑かれたピエロ(Pierrot Lunaire)」。
シェーンベルクは初めて聴きましたが、うーん難しい。
ソロを歌われたマリアンヌ・プスール(Marianne Pousseur)さんの迫力がすごくて・・・歌詞もすごかったけど、宣伝文句通りの一人芝居のような演奏でした。
あと、ドイツ語やっぱ好き好き好き!

それにしても楽譜がどうなっちゃってるのか気になる曲です、ピエロさん。
(ご参考までにYouTubeから↓)


そして屋外ステージや展示ホールでも無料コンサートがたくさん 。
フランスはナントでの音楽祭の様子もスクリーンで楽しめます。

SH3F00301.jpg 

屋台村も出てるので食事も色々いただけるし、お祭りお祭り♪

SH3F00250002.jpg SH3F00291.jpg


夕方のコンサート終了後には、これまた毎年楽しみにしている有楽町のだん家(Danke)さんに飲みに行ってきました。

ミュンヘンのホフブロイハウスビールで乾杯
SH3F00311.jpg 

アイスバイン&ソーセージ盛り合わせ
・・・肉ばっかです
SH3F00321.jpg

チェコのピルスナー・ウルケルと
オーストリアのゲッサーも軽くて美味しい!
SH3F00331.jpg
 


ところで有楽町駅前で妙な人たちを見かけました(笑)。
SH3F002713.jpg 

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(195)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(103)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(3)

アーカイブ