01
1
2
3
4
5
7
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
26
27
28
29
30
31
   

裏方向きだけど表舞台も好き


毎年1月の恒例行事となったこの会場での声楽&ピアノのコンサート。
終わりました。

うーん、終わっちゃいました、かな。


お客様、伴奏者、共演者、プログラム等作って下さった方々、ホールのご夫妻、スタッフ、そしてレッスンして下さる先生方。
ああ忘れちゃいけない、色々協力してくれた旦那さま。
たくさんの方々のおかげで音楽とお茶を楽しむ2時間が過ごせました。
ありがとうございました。


コンサート前半は「フィガロの結婚」から9曲を選び、序曲の6手連弾からフィナーレの重唱までを演奏する企画をしてみました。
そもそも声楽に男性出演者がいないのにこの作品を演奏しようってのが私たちらしい強引ぶり(笑)。
それでもピアノ組の男性がソロも歌ってくれたりして(正しくは歌わせた?だって上手いし)、多少は楽しんでいただけたのではと勝手に思っております。
演技するまではいかなくても少し演出を入れてみたり・・・暗中模索なんで出来は評価できたもんじゃないかもしれませんけど、挑戦してみなきゃ次のステップもないからご批判もwellcomeという覚悟でやってみました。

本番は共演者たちのそれは堂々とした姿に「すごいなー、楽しそーだなー」と思いながら、私はすっかり緊張しつつ何とか歌い切った感じ(汗)。
歌ったのはケルビーノのアリア「恋とはどんなものかしら」 in 青緑色のドレス。
あーれー。お客様すみません、そちらまで緊張させて。
いつの日か聞いて下さってる方に風や景色を伝えられる演奏をしたいと思ってはおりますが、なんせ亀の歩みですのでもうしばらく経験積む必要がありそうです。
別にプロじゃないんで、ゆっくり楽しくやります。←ひらきなおり!


そして後半のソロステージもみんな良い演奏でした。
ぴよちゃんの踊るように歌う姿も素敵だったし、ピアノ組も集中してて良かった♪

私はドレスをワインレッドのような色に着替え、ベッリーニの歌曲を3曲。
どうも「マリンコニーア」の『選曲』への評判が良かったようで、良い選曲だったとか自分も歌ってみたいというお声を耳にしました。
うん、たしかに良い曲です。
気を抜くとあっという間に終わってしまう恐ろしい曲ですが。
ぜひ歌ってその怖さを大変してみてほしい(笑)。

さーて、次は何をお勉強しようかな。
なにか明るいアリアも歌ってみたいし、久しぶりにリートにも挑戦してみたい。
せっかく良い仲間に恵まれているので、いつかまた一緒に舞台に立たせてもらえるように・・・。


おまけ:プレゼントに貰ったブタくんトイレットペーパー
SH3F0070.jpg
 
スポンサーサイト

体幹



テレビで散々やってますが東京、雪です。
テレビの「大雪」って言い方はどうかと思うけど、まぁ東京にしちゃ多いほうですかね?

ただ中途半端に積もったものだから、駅までの道は大勢の人に踏み固められて一面の氷になってました。
歩くには雪よりよっぽど怖いですよね。
日中になんとか解けて欲しいものですがどうでしょう。

そして総武線は予想外の混み様。
なんでかと思ったら武蔵野線が全線止まってるらしいです。
おかげでプチ小田急線状態(?)で大混雑でした。
皆さんお疲れ様。


そうそう、演奏会が終わったので(また別に日記書きます)最近あまり行ってなかったフィットネスクラブに再び本腰を入れようと思っております。

早速昨日は今まで敬遠してきたスロートレーニングの筋トレクラスにも参加しました。
背中、腕、お腹周り、脚とパーツごとにゆっくりしたカウントでじわじわトレーニングするという地味だけど効果ありそうなクラスです。

腕立て伏せとかほんと辛くて二度と参加したくないって思うのに、今朝の筋肉痛を感じると効果あるなぁと嬉しくなるんですよね~。

まあ頑張って続けてみます。

今一番鍛えたいのはまだまだへなちょこな体幹。

雪道を歩くにも、満員電車に揺られるにも、もちろん歌を歌うにも大事なんですものね。
テニスの錦織選手も体幹鍛えたって言うし(←レベルの全く違う話なのはわかってますよ…)。

神楽坂の妖精

オーストラリアからの友人が無事に帰国しました(一瞬ひやりとすることもありましたが)。

金曜には浅草と神楽坂に案内しました。

神楽坂は学生時代に住んでいた町。
でもいまいち裏通りがわかんなくて、どこに料亭なんてあるんだろうかと長年思ってきました。

そこで今回は事前に地図を調べて持って行くことに。
かくれんぼ横丁などたくさんの小路があるんですね。

CIMG2107a.jpg 

実際に歩いてみると風情のある通りがいくつもあって素敵でした。

更にその夜には芸者さんが歩いてるのも見られて友人たちも大興奮。
芸者さんは小路に入ったかと思うと姿が見えなくなってしまったりして、彼らは「日本の妖精だね」なんて話してました。
たしかにね。


さて今週は新しい職場が増えてちょっと忙しくなりそう。
週末には演奏会もあるし体調にも気をつけなくちゃ。

乾燥注意報が連日出されてるそうなので、皆様も気を付けてお過ごし下さい。

コテコテ日本をご案内

オーストラリアから友人カップルが来日中です。
昨日京都から東京に着いたので、会いに行って東京案内をしてきました。

一番のご希望は築地のまぐろ競りだったんだけど、1/21まで混雑防止のため見学は閉鎖中。
それでも一度見てみたいということでまず築地へ。
私も場内は初めてだったのでこんなに広いとは思わず。面白かったです。
昼の12時過ぎてたんで静かなもんでしたけどね。

そして何故かお寿司を2人におごられてから(涙)、隣の浜離宮恩賜庭園へ。

SH3F0066.jpg

ここは庭園と汐留のビル街の対比が東京らしくて良いです。

東京都民の血税で置かれているであろうガイド端末が無料で貸し出されていて、色々説明してくれました。
端末はほぼi phoneで(そっくりだけどなんとなく違う)、GPSで歩いてる位置を判断して勝手に必要な説明を流してくれるというもの。
日本語、英語、フランス語、中国語に対応してるそうです。
おかげで無知な私が質の悪い説明をしなくても済み、2人とも楽しめてたようでした。

そうそう2人がやたら言ってたのは、なんで日本のお寺やお城やはしょっちゅう火災で消失してるのに、また木で建てようとするの?ということ。
あったかくて地震のないオーストラリアのお方には分かりますまい、木造の良さ。

でも確かに、立派なお城や仏閣を建てても1か所から火が出たら全焼にもつながるってのは危機管理甘いっちゃ甘い感覚かも。
そんな視点で考えたことなかったので新鮮でした。


SH3F0067.jpg 

こちらの写真は池の中に建つ「中島の茶屋」でのお抹茶。
ほんとに外国人観光客さんが多いらしくて、飲み方がちゃんと英語で用意されてました。

庭園を楽しみながらいただくお抹茶とお菓子。
日本人で良かったと思うひとときです。


SH3F0065.jpg 


この写真はお台場を望む庭園内の高台から。
レインボーブリッジもはっきり見えます。

庭園にある「潮入りの池」はこの東京湾の水をそのまま入れているんだそうですよ。
潮の満ち引きによって景観の変化も楽しめるのだそうで、将軍様のぜいたくってスケールが違います。


そして、庭園を楽しんだ後は新宿に場所を移して、カラオケでLady Gagaを熱唱したり、戦国時代のコンセプト居酒屋を体験してみたりしました。
楽しんでいただけたようでした。


今日もほんとは会う予定なかったんだけど、神楽坂に行くっていうから放っておけなくてお節介ガイドに行ってきます!
あ、今入ったメールによると、彼らはただいま原宿でゴスロリ探ししてるらしい・・・(笑)。

筋トレしないと衰える

明日はオーストラリアから観光に来ている友達を浜離宮とカラオケに案内します。
とっても楽しみなんだけど、問題なのが自分の英語力。


昨年中盤までは仕事でも多少英語を使っておりました。
それが数ヶ月離れただけですっかり抜けてしまって(悲)。


英語=ツール。
英語=外国語。

で言えば、最近の感覚は後者に近い。


先日のオーストラリア滞在ではなんとか最後のほうで前者の感覚が顔を出してきたかなという印象でしたが、帰国したらまたすぐ抜けちゃったみたいです。

う~ん、留学してた頃の自分が羨ましい。
語彙は今のほうがあるけれど…それでも「大人の会話」をするには全然足りない。


震災のこととか、仕事のこととか(偶然にもその友人は同業者と判明)、たくさん伝えたいことはあるのにもどかしい。
原発のことなんて、今こそ日本人が発信しなくてはならない問題なのに!


向こうは英語しか話せないんだから、二ヵ国語を使えるこちらはもどかしくても大きな顔してりゃ良いさ!と思ったりもするけど、なんせ英語は世界共通言語。
使えて当然みたいな空気もあるもんね。


日本で今の暮らしをしてる限りは不要だけど、いざという時にコミュニケーションを取れるようにするには普段からの慣れが不可欠ですね。
当たり前か。

さーて、なにしようかな。

とりあえず明日は辞書に助けてもらいますわ。

エコドライブ

レンタカーで軽自動車を借りました。

走行距離41キロちょっと、ガソリン満タンにしたら2リッター弱。

スタンドのおじさんに「上手に走りましたねえ」と言ってもらえました。


うふふ、ほめられるのは嬉しいね。


ん?

軽ってそもそも燃費はこんなものなのかしら?

里帰り&里帰り

あけましておめでとうございます。
お正月は皆様いかがお過ごしでしたか?


私はオーストラリアに10数年ぶりの里帰り(?)をしてまいりました。

自然も人々の心も豊かなオーストラリア、また折りを見てご紹介したいと思っております。


そして今週末は岐阜へ里帰り。

今月の演奏会のためのリハーサルに行ってまいります。



私は両親とはちょっと早い別れを経験してしまいましたが、故郷がいくつもあって幸せです。

今年も故郷を家族を大事に過ごしたいと思います。


それでは今年も一年よろしくお願いいたします。

皆様にも幸多き一年となりますように。

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(192)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(102)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(2)

アーカイブ