06
2
3
5
6
7
8
10
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
30
   

2粒の幸せ

昨日ちょっとしたいただきものをしました。

佐藤錦2つぶ。

DSC_0110.jpg


いつも音楽室を借りている区の施設で、受付のおじさまが「今いただいたからおすそわけ」と。

甘くて優しい味がしました。うふふ。

スポンサーサイト

夕方の灯りが好き

お天気が変わりやすい日が続いていますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日は歌のレッスンの後にいつもなら電車に乗るところをちょっとお散歩してみました。
夕暮れ時でそよ風も吹いていて、気持ちよく山手線4駅分歩けました。
でも立ち止まったら意外なほど汗が(暑)。
熱中症にならないように気を付けないといけませんね。

途中で通過した上野公園。
平日の夕方は人通りが少ないので静かで良い感じ(暗くなると危ないと思うけど)。
建物の落ち着いた灯りや風に揺れる木々がほんわりとした温かさを感じさせてくれて好きです。

上野公園のスターバックス
DSC_0122.jpg

国立西洋美術館
「ベルリン国立美術館展」観に来なくっちゃ
DSC_0123.jpg 


夕方のお散歩が楽しめる季節って幸せー。

sun screen

梅雨には入りましたが紫外線が気になる季節ですね。

テレビで日焼け止めはたっぷり塗りましょうと言っていたので、私もたーっぷり塗っております。
(シミ出来ちゃってるから遅いんだけど、これ以上作らないように悪あがき!)

でも。今月に入ってからどうもおかしい。

使っていた日焼け止めが少なくなってきたので、「お肌に優しい」という売り文句の日焼け止めさんを購入して使い始めたら一気に肌荒れが出ました。
お値段も結構ちゃんとしてる子なので悔しいとこです。

「合わないのかしら?」
と思って数日やめてみたらお肌の調子も戻ってきました。

そして別の日焼け止めに乗り換えたところ、また一気に肌荒れ出現!
こちらは過去にも使ったことがある子なのにおかしぃー。

何使えば良いのやらよく分かんなくなってきますね。
とりあえず今日は雨で雲も厚そうだから薄化粧のみで済んで助かりますが。

日焼け止め使わずには過ごせないし、ブツブツお肌じゃもっと困るし。

こうやって年齢とともに肌トラブルがが出てくるってものなんでしょうかねえ。
ひゃーーーー。

プロの聴き方

ちょっと銀座・有楽町方面に用事があって出かけたらこんな子を見つけました。
エルモ牛。
可愛いんだか気持ち悪いんだか分からない立ち位置が絶妙です。

DSC_0107.jpg


さて、今回の用事というのがなかなか面白い経験でした。
通っているスポーツクラブに関する1時間ほどのインタビューです。

どうして通い始めたか?
当初の目的はなんだったか?
最初に出たプログラムは何か?
今はどんなプログラムに出ているか?
入会した時との体や生活の変化はあるか?
今後どんなプログラムがあったら良いか?
などなど。

そんなに深く考えたことはない事なので、実際答えになってるんだか何なんだか分からない程度の回答だったと思います。
でもこうして人に詳しく話したことは初めてだったので、入会してからのここ数か月間の自分の変化や今後の目標について考える機会になって貴重な時間でした。

話すって大事&面白いですねー。


うん、話すって・・・ちゃんと聴いてくれる人がいれば。


そう、ちゃんと聴いてくれる人がいたからすごく話しやすかったんですよ。
今回のインタビューでとにかく感心してしまったのですが、司会を務めて下さった方の質問の表現と相槌の打ち方がとても的確・適度で話しやすい話しやすい。
すっかり乗せられて、本音のところをぽろんぽろんと自然に出しちゃう感じでした。

リサーチ会社の方なので普段からユーザーの声を聞かれることも多いのでしょうが、プロのクオリティだなあと思わされる技術や態度に接すると刺激を受けますね。
反省とともに見習うところがたくさんありました。
内容は全然違いますが普段は自分が面接する側なので、違う側に座れたのも色々発見があって面白いものでした。

さあ今日のお仕事にそれを生かせるかな?
いやいや、お金いただいてるんだしプロとして生かさなくちゃいけませんね。

母の着物を大事にすべく

従妹が今度の1月に成人式を迎えます。
(早いもんだわ、私もおばはんになるってもんですわ・・・。)

振袖は私の母が着ていたものを使ってくれます。
それがとっても彼女に似合っていて、今度の成人式も楽しみです。

そして草履とバッグは私のを使っていただけるとの話。
これまた涙ちょちょぎれるほど嬉しい。
ずっと箪笥で眠ってるだけだから。

佐賀錦の草履とバッグ。
セットではなくて別々で購入しました。
25cmの私の足に合う草履がなかなか見つからなくて。
やっと見つけた草履は、箱に入れるとぎりぎりというか箱がちょっとふくらみます(笑)。

 DSC_0093.jpg

この子たちがまた晴れの日にお出かけさせてもらえると思うと私までワクワクします。
Mちゃん、どうぞよろしくお願いします。でも草履大きすぎたらごめん。無理に使わなくて良いからねー。


話はちょっと変わりますが。
これを探しながら箪笥の引き出しをあちこち引っ張って中の着物たちを見てみました。
私の着物は2枚くらいなもので、たくさんあるのは母のもの。
当時は嫁入りに着物をたくさん箪笥に入れて持って行くことが多かったんですよね。

この着物たち、少し前までは祖母が手入れしてくれてましたが最近は出来なくなりました。
祖母は縫い子をしていたので着物は大好きな人です。
それでもつい最近自分の着物を全て処分したのだそうで、本人は「だってもう着れないからあってもしょうがないでしょ」と笑ってましたが、胸の内では複雑な思いもあったのではと想像します。
うーん、そんな祖母に母の着物の世話を頼み続けるわけにはいかないです。

私自身も実家からは遠いので手入れはできないですが、今すぐ母の着物を処分してしまうのももったいない。
少なくとも数枚は形見に残しておきたいし、着物好きな親戚や知り合いに差し上げられるものならそうしたい。

となると、着物のことを勉強して、自分で着たり手入れをしたりできるようになるのが良いんじゃないかと真剣に考え始めました。
以前にも着付けを習いたいとブログにちょっと書いたことがある気がしますが、まだあの時はなんとなーく思っていただけ。
今回は有言実行の予定です。

母は「いいよ、負担になるなら私のも処分しちゃって」と言いそう。
でも何でもやってみないと納得しない娘なのは分かっているので「はいはい」って諦め顔で見ててくれるんじゃないかな。

で、着付けってどういうところで習うのが良いのかしら???

父の定年と初夏の庭

今週は祖母のお誕生日があったのでプチ帰省してきました。

そしたら偶然にも私の滞在中に嬉しいお客様が。
父が何年か勤めていた学校の校長&教務の先生方です。

毎年、定年になる先生に記念品を贈っているとのことで、生きていたら今年度で定年になる父の分も用意してわざわざ届けて下さったのだそうです。
ありがたいことです。

校長先生は父と一緒に仕事をした時期もおありとのことで、こんな授業をしていたとかこんな教員だったとか、たくさん思い出話もして下さいました。
最近は父の思い出話をして下さる方もほとんどないので、祖父母もとっても嬉しそうで良かった良かった。

DSC_0105.jpg 

そして面白いことに、この小学校は私も少しの間お仕事をさせてもらった学校。
訪問して下さった教務主任は当時まだ担任を持っていて、その学級の生徒さんのことで私もよく話をしていた方です。
まさか実家で再会できるなんて想像もせず、数年ぶりの再会にこちらの話にも花が咲きました。

それにしても還暦を迎える父がどんな教員になっていたか。
色々想像すると面白いです・・・。


実家と言えば、祖父が毎日手入れをしている庭があります。
初夏の香りに包まれて綺麗だったので何枚か写真を撮ってきました。

DSC_0098.jpg 
DSC_0097.jpg 
ししおどしの番人 親子蛙
DSC_0096.jpg
 

母が遺した花(なんだろう?)
DSC_0095.jpg
 
ぎぼうし?
DSC_0102.jpg
 
霧島つつじ
DSC_0094.jpg
 

DSC_0100.jpg

玄関のたぬきさん
DSC_0101.jpg
 


祖父がいなくなったらこの庭どうするんでしょ?
祖母も弟も私もとても管理できません。
崩すにはもったいないしですしねー。

初夏のフラ&菖蒲まつり

車で20分ほどのところにある公園で菖蒲まつりが開催されています。
濃い紫から白いものまで、緑の葉に映える菖蒲たちは上品で素敵。

DSC_0092A.jpg DSC_0089.jpg 

見頃はまだこれからかな。
もっとたくさん咲きそうな様子です。

昨年もお友達に誘っていただいて見に行ったフラ。
今年もお祭りで踊るよーと連絡をいただいたのでその時間に合わせて行ってみました。

1年ほど前までお世話になっていた会社の関係なので、そのお仲間も何人か見に来ていらっしゃいました。
懐かしい~。
こうしてプライベートでも再会を楽しめるなんて幸せなことです(嬉)。

4月から自分もちょっとフラをかじり始めたところなので、ハンドモーションが分かったりして前より更に楽しめました。
皆さん綺麗に踊るなぁ・・・(憧)。

曇り空だったお天気もフラの時間にはすっかり日が射して夏の雰囲気たっぷりになったし、良かった良かった!


DSC_0088.jpg DSC_0091.jpg 

この公園自体も緑と水にあふれていて歩いているだけでも心地良いです。
気持ちの良い日曜日をありがとうございましたー!

バッハ@藝大奏楽堂

日曜日の話ですが。上野に行ってきました。

パンダ動物園(誤?)
 DSC_0082.jpg


パンダポスト(しっぽ付)
DSC_0083.jpg
 
パンダシューズ
DSC_0076.jpg
 



やっぱ上野はパンダねー。

・・・じゃなくて、今回の目的はこちら。
DSC_0084.jpg 

演奏会『神秘のJ.S.バッハ』@東京藝術大学奏楽堂です。
www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20120527_14_01.html

これも毎度ながらお歌の先生に教えてもらった演奏会で、奏楽堂のパイプオルガンも聴けるし、野々下さんのアリアも聴けるし、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタなんてなかなか聴けそうにないし、これで2,000円はお得でしょう!ということで即決チケット購入して行ってまいりました。


プログラムは下記の通り。
演奏者は藝大の教授・講師の方々。

カノン風変奏曲《高き御空より、我来たれり》BWV 769
《小さな和声の迷路》BWV 591
コラール前奏曲《装いせよ、おお愛する魂よ》BWV 654
Org. 椎名 雄一郎

《ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第4番》ハ短調 BWV 1017
Vn.若松 夏美 Cemb.大塚 直哉

カンタータ 第61番《いざ来たれ、異邦人の救い主よ》BWV 61 より
第5曲 アリア<わが心よ、戸を開きなさい>
Sop.野々下 由香里 Viola da gamba 福澤 宏 Positive org. 大塚 直哉

カンタータ 第147番《心と口と行いと生きざま》BWV 147 より
第5曲 アリア<備えて下さい、道すじを>
Sop.野々下 由香里 Vn.若松 夏美 Viola da gamba 福澤 宏 Positive org.大塚 直哉

《ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第2番》ニ長調 BWV 1028
Viola da gamba 福澤 宏 Cemb. 大塚 直哉

コラール編曲《天にまします我らの父よ》BWV 682
《前奏曲とフーガ》変ホ長調 BWV 552
Org. 廣江 理枝


渋いですね。

ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第4番というのは初めて聴いた(と思う)のですが、マタイ受難曲のErbarme dichと同じ旋律が使われていてとても美しい曲でした。


ところで藝大奏楽堂と言えば気になるのは動く天井。
5mも高さが変わるんだそうですよ。

その理由はもちろん残響時間の調節。
このホールの残響は1.7~2.4秒と幅が設定されていて、客席上天井と舞台上天井、そして吊り下げ反射板をそれぞれに動かすことで残響を変化させる仕組みにしているそうです。
www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/intro.html
(参考までに、岐阜のサラマンカホールの残響は2.2秒(空席時)とHPにありました。)

今回の演奏会は天井を低くしていて、残響は短めな印象でした。
1,000人強収容できるホールで残響が短いと、どうしても聞こえにくい音域が出現してしまう気がするのですが、奏楽堂はそれほど大きくは感じませんし、よくよく耳を澄ませながら生の音を楽しむというのも味わい深いものかなと思いました。


そしてやっぱり。

バッハ歌いたい。

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(197)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(6)

アーカイブ