02
1
3
4
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
20
22
23
24
25
26
29
   

酪王カフェオレin福島

福島県内のコンビニにずらずらーっと並んでいた『酪王カフェオレ』。

そんなに需要があるのかと気になり。
購入してみました。



パッケージによると生産者は郡山市の酪王乳業さん。

そしてお味は。
甘すぎず後味もすっきり、香りも良くて美味しい!

グ○コのカフェオレを買っていた主人も、私のを一口味見した後、別のコンビニで酪王カフェオレお買い上げしてたくらい。


調べてみると福島県外でも人気があるとか。
うんうん、また飲みたくなります。
通販もあるようです。


酪王乳業さんのサイト
https://www.rakuou-milk.co.jp/syohin/nyuinryo.html


かなゑでした♪

スポンサーサイト

『舟を編む』

最近はノンフィクションを読むことが多かったので、数か月ぶりに小説を読んでみました。

今更ながらの
『舟を編む』by三浦しをんさん。




辞書編纂のお話ということで、もっと硬くて重い内容かと想像しておりました。
でも爽やかに想像を裏切られて良い気分(^_^)


加えて、大学時代にバイトしていた珈琲専門店を思い出しました。

そのお店のマスターはむかし新聞社勤めだった方。
「どんどん辞書ひかなきゃダメだぞ」と口癖のようにアドバイスして下さり、自らも愛用していた手元の国語辞典(漢和辞典だったかも?)を、バイトの我々にもよく貸してくださったものでした。

しかもその珈琲屋さんは大手出版社の近所だったので、常連さんには出版業界の方も多く、バイト中にそうした方々とお話しさせていただくのがとても楽しく刺激的でもありました。


そのマスターは亡くなられて、珈琲店ももう無いんですけどね…。
そこで交わした【言葉たち】は今も私の中に生きてるし、辞書や活字の大切さも教えてもらえたんだなと、改めてありがたく感じました。


かなゑでした♪


安積歴史博物館

先日の尋常小学校に続き、福島県郡山市の『旧福島県尋常中学校』を訪れてみました。

現在は『安積歴史博物館』として、土日祝日限定で公開されています。







書籍や教科書も多く展示され、嬉しいことに自由に閲覧も可能(^o^)



よく見かける国語や修身だけではなく、理科や数学など多教科の教科書が置いてありました。




こちらは英語のグラマー&リーダー。




江戸時代の書籍も読みたい放題(驚)。
中身開けてみてもさっぱり読めなかったけど(^-^ゞ




こちらは、ドラマ「坂の上の雲」ロケにも使われたという講堂。




丁寧に作られたシャンデリアが品を添えてます。




おまけ。

見学後には車で15分ほどのところにある、タルトが有名な『ル・ヴェルジュ』さんへ♪
果物屋さんが経営するお店なので、果物をふんだんに使ったタルトがいっぱい。




タルトのみならず、サラダにもパスタにも果物が使われていて幸せなお味でした。







かなゑでした♪

日本最古の擬洋風小学校

磐田市に『見付学校』という明治時代に建てられた小学校があるというので行ってみました。
(数週間前の話ですが。)

こちらは現存する日本最古の擬洋風校舎なんだそうです。
急な階段を登って最上階まで上がることもできます。




教室を模した展示もあり、




明治、大正、昭和初期の国語の教科書が時代ごとに置いてあったり、




昔の遊びコーナーもあったり。




他にも学校や子どもの生活に関わる貴重な展示もあれば、地元の方々が寄贈されたのであろう生活道具が様々に揃っていて感動!

本物の氷冷蔵庫なんて、どなたがこんな綺麗に保存してらしたのかと感心してしまいました。


そして、個人的に面白かったのはこれ。

明治時代の途中で小学校令が施行されるまでは、【尋常小学校→高等小学校】ではなくて【初等科→中等科→高等科】になっていたことを初めて知りました。




回想法をしていた時にどうも謎だったんです。
高等科と高等小学校がどう違うのか。地域によって呼び方が異なるのかなぁとか想像してたので。
時代によって定義が少し異なるわけですね。
(なんでその時に調べなかったのかと突っ込まないでw)


まさに連ドラ『あさが来た』の時代を垣間見るようでもあり、お勉強になりました(*´ω`*)


かなゑでした♪

折れちゃった

お仕事ミーティングでいつも大活躍のヘッドセットさん。
最初のSkype面接を受けたときからのお付き合いです。なつかしや。




それが。
ケースから出そうとしたら真っぷたつに折れちゃった! \(>_<)/

『折っちゃった』ではなくて、あくまで経年劣化で『折れちゃった』ということで。
粘土細工のようにクニャリと折れたのでほんとに経年劣化なんだと思いますが、あっけなさにキョトンとしちゃいました。

テープで補修したけど無理そうなので、ありがとうを言って次の子を探します。


そんな今日は仕事で使うシステムも不具合が。
ただいまシステム屋さん達が復旧に向けて頑張ってくれてる様子です。


われわれは待つのみ。
デジタルベースのお仕事はこうした不具合は避けられません。
こういう時でもみんな冷静に対処する職場なのでありがたいことです。


そんな時間潰しのblog投稿、失礼いたしました。


かなゑでした♪

東京駅と青空

連投で失礼します。




お仕事終わったーー!!




やっぱり「公民館のピアノをどう弾きこなすか」は大変なことでした(T▽T)

でも自分なりに可能な限りのパフォーマンスをしたということで、OKとします。
うん、しよう、そーしよう。

先日の記事にコメント下さった皆様にも感謝感謝です!


外出たら青空広がってるし♪





人前で2時間半しゃべり続けたので喉カラッカラ。

さ、ビー○で潤しますぞ。



かなゑでした♪

さくらの山公園

成田空港すぐ隣のさくらの山公園へ。

ここには「道の駅」ならぬ「空の駅」があり、
旅客機が真上を飛んでいくのを見ることも出来ます。




高台からは成田空港(の一部)が見渡せて、海外行きたい病が今にも発症しそう!

ANA機並んでるけど写真じゃ見えないか(^_^;)




成田空港のキャラクターもいましたよ。
うなりくん。




イルミネーションも(笑)。




空港&飛行機見るのが好きの方、ぜひ。

かなゑでした♪

once involved,

響きの良いホールでしっかり調律してあるスタインウェイだからこそ理想の音楽が奏でられると仰る方もあるかもしれないが、

田舎の公民館の年に一回しか調律しないアップライトでも同じ曲を工夫しながら精一杯弾いてくれるピアニストさんは素敵だと思う。


そうさ、私も環境に文句を言わず、プロとして出来る限りのパフォーマンスをしよう!


そう思いながらも、やっぱ「こりゃないだろー」とめげそうになるお仕事を頼まれて、ドタバタ真っ最中。



そして、シナモンちゃんラテの写真に癒され。




かなゑオリジナル、リーゼントver.もかわゆいわぁ!と心緩める休憩時間。




さて、もうひと仕事やりますか。


かなゑでした♪

登呂遺跡、そして隣の安倍川もち

登呂遺跡ってどこにあるかご存知ですか?
なんと静岡駅からたった2キロ!
東京人ならまず歩く距離です。

そんな登呂遺跡に「車で」行ってきました(笑)。


水田が広がり、




集落があります。




竪穴式住居、正面から。
ザクみたい。
いや「ザクが縦穴式住居みたい」という表現が正しいか。
別に似てない??




真横から…は撮りそびれちゃった。
代わりにこの子で形分かるかな(笑)。



ちなみに博物館の弥生生活体験室は入場無料。
http://www.shizuoka-toromuseum.jp/guide/display.html
土器のレプリカに触れたり、稲刈りや火起こし体験ができたりして、大人も子どももみんなかなり楽しんでました。


お次は祭殿。
住居に比べて格段に立派。




高床式倉庫のネズミ返し。
教科書そのままだー!とテンション↑。




テンション上がると言えば、登呂遺跡隣にアノお店を見付けて駆け寄ってしまいました。

安倍川もちで有名なやまだいちさんの「もちの家」。





小さい頃から安倍川もち大好きなんです(*´∀`)♪

作りたてホカホカの安倍川もちをいただける日が突然やってくるなんて、夢のようでした。




遺跡とお餅のおかげで、心も体もまーぁるくなって帰宅しました。


かなゑでした♪

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(199)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(100)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(36)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(10)

アーカイブ