09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

認知症サポーターになりました

区が実施している「認知症サポーター養成講座」に参加してきました!

どういう病気が原因で認知症になるのか、
どんな症状が出るのか、
周囲はどんな接し方をするのが良いのか等、
分かりやすくまとめられたテキストを使っての講座でした。


DSC_0013.jpg 


1.5時間だけの座学でしたが、これで私も認知症サポーターの仲間入り。
これ、証拠のオレンジリストバンド↓

DSC_0014.jpg


「認知症サポーターって何?」という方もおられるかと。
ちょっと説明させていただきます。


認知症サポーターとは、認知症を正しく理解し、ご本人や家族のちょっとした支えになれる存在とでも言いましょうか。
とりたてて活動は行わなくても、いざという時に地域や職場で認知症でお困りの方をサポートするための制度です。

数か月前にはニュースにもなってましたよね。
学校で受講して認知症サポーターになっていた中学生が、道に迷っておられた認知症を患った女性を助けたお話。

また、養成講座は企業でも開かれているそうです。
特に銀行では振り込め詐欺(母さん助けて詐欺って名称はどこ行った?)防止や、行員さんが初期の認知症に気付いて家族に連絡した例もあるのだとか。

いずれも認知症の知識があったからこそ「もしや?」と気付き行動できた例だと思います。
知識って大事。


今回私が受講したのは区が実施しているもので、皆様の地域でも年に数回開かれてるはず。
スキルアップ講座もあるそうです。
興味のある方はぜひお調べになってみて下さいませ。

  ◆認知症サポーターとは
   info.ninchisho.net/care/c150
  ◆認知症サポーターキャラバン
   www.caravanmate.com/aboutus/



ところで。

私は専門職なので認知症に関する知識と経験はある程度持っております。
そのためこの講座を受ける必要はないようにも感じました。
でも、あえて受講したいと思った理由があったんです。

それは、【認知症で困っている方々は専門職だけでなく地域や周囲の助けによっても支えられるものだから】。

専門職である前に一人の住民/周囲の人としてサポートする姿勢も持ちたいなと。
(認知症に限らず地域で支え合える関係が育めたらとも思いつつ。)

そして専門職としては、非専門職の方々と共に学ぶことでの気付きもあるだろうと思って。
実際、今日はいくつも気付かせていただけました♪


とゆーことで。
皆様も認知症サポーターになってみませんか?
色んな意味で他人事じゃない認知症だからこそ、正しい知識は強い味方になってくれると思います。

テキストも秀逸なので一家に一冊置いておくのもおススメしたいな。


かなゑでした♪
スポンサーサイト

comment

Secret

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(199)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(100)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(36)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(10)

アーカイブ