09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

バッハ@藝大奏楽堂

日曜日の話ですが。上野に行ってきました。

パンダ動物園(誤?)
 DSC_0082.jpg


パンダポスト(しっぽ付)
DSC_0083.jpg
 
パンダシューズ
DSC_0076.jpg
 



やっぱ上野はパンダねー。

・・・じゃなくて、今回の目的はこちら。
DSC_0084.jpg 

演奏会『神秘のJ.S.バッハ』@東京藝術大学奏楽堂です。
www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/info/20120527_14_01.html

これも毎度ながらお歌の先生に教えてもらった演奏会で、奏楽堂のパイプオルガンも聴けるし、野々下さんのアリアも聴けるし、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタなんてなかなか聴けそうにないし、これで2,000円はお得でしょう!ということで即決チケット購入して行ってまいりました。


プログラムは下記の通り。
演奏者は藝大の教授・講師の方々。

カノン風変奏曲《高き御空より、我来たれり》BWV 769
《小さな和声の迷路》BWV 591
コラール前奏曲《装いせよ、おお愛する魂よ》BWV 654
Org. 椎名 雄一郎

《ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第4番》ハ短調 BWV 1017
Vn.若松 夏美 Cemb.大塚 直哉

カンタータ 第61番《いざ来たれ、異邦人の救い主よ》BWV 61 より
第5曲 アリア<わが心よ、戸を開きなさい>
Sop.野々下 由香里 Viola da gamba 福澤 宏 Positive org. 大塚 直哉

カンタータ 第147番《心と口と行いと生きざま》BWV 147 より
第5曲 アリア<備えて下さい、道すじを>
Sop.野々下 由香里 Vn.若松 夏美 Viola da gamba 福澤 宏 Positive org.大塚 直哉

《ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第2番》ニ長調 BWV 1028
Viola da gamba 福澤 宏 Cemb. 大塚 直哉

コラール編曲《天にまします我らの父よ》BWV 682
《前奏曲とフーガ》変ホ長調 BWV 552
Org. 廣江 理枝


渋いですね。

ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第4番というのは初めて聴いた(と思う)のですが、マタイ受難曲のErbarme dichと同じ旋律が使われていてとても美しい曲でした。


ところで藝大奏楽堂と言えば気になるのは動く天井。
5mも高さが変わるんだそうですよ。

その理由はもちろん残響時間の調節。
このホールの残響は1.7~2.4秒と幅が設定されていて、客席上天井と舞台上天井、そして吊り下げ反射板をそれぞれに動かすことで残響を変化させる仕組みにしているそうです。
www.geidai.ac.jp/facilities/sogakudou/intro.html
(参考までに、岐阜のサラマンカホールの残響は2.2秒(空席時)とHPにありました。)

今回の演奏会は天井を低くしていて、残響は短めな印象でした。
1,000人強収容できるホールで残響が短いと、どうしても聞こえにくい音域が出現してしまう気がするのですが、奏楽堂はそれほど大きくは感じませんし、よくよく耳を澄ませながら生の音を楽しむというのも味わい深いものかなと思いました。


そしてやっぱり。

バッハ歌いたい。
スポンサーサイト

comment

Secret

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(199)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(100)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(36)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(10)

アーカイブ