06
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

靴の中敷きばなし

エアロビクスなどのダンスレッスンで使っているシューズ。
ミズノのウェーブダイバースLG2です。

エアロビクスを踊る人に大人気の靴。
クッション性に加えて、ターンなどの色々な方向への動きがしやすい作りになっているそうです。
私もここ数か月愛用してきました。

そして、ずっと変えたいと思っていた靴ひもを今日から変えることにしました。

左が新しい靴ひも。
DSC_0120.jpg
 

ちょっと締まった印象になったんじゃないかな。
と、自己満足しております。
自己満足でもテンション上がるとうまく踊れそうなので(笑)。


そして更に。
インソールも今日から変えてみることにしました。

2足分変えちゃいます。
DSC_0122_20120703165939.jpg
  

これまでにもある程度良いインソールは使ってきたつもり(怪我したくないしね)。
しかし、ここのところ脚の筋肉の張り感が続いているので整骨院でインソールも見直していただきました。

選んでいただいたのはこれまでより踵のホールド感が強く、全体的に硬めのもの。
そちらのほうが体のブレが少なくて筋肉への負担が軽いんだそうです。

実際、片足ずつに新旧インソールを入れて片足ジャンプをしてみました。
そしたら確かに左右へのブレが全然違います。
ブレを修正しようとすると筋肉が(本来は要らない)緊張をしてしまって結果として張り感になるようです。
ブレなければ足首にも変な方向から力がかからないので、捻挫予防にもなるみたいです。

ちなみに右のオレンジ色のをエアロビクス用シューズに入れたのですが、これ実は野球のスパイク用。
一気に力がかかることを想定しているところがエアロビクスの動きにも適用できるということで選んでもらいました。
へぇー、そういう選び方があるんだって感じです。

そして左の黒い子はもう1足使っているローカットのシューズ用。
こちらは格闘技系のプログラムや筋トレ全般でよく使用しているシューズです。
新しいインソールは薄めなので、足裏が地面に近くて安定感がしっかりあります。
これでローキックやミドルキックしたら少しは綺麗に決まるかしら・・・と今から楽しみ。

いずれもこれまでのインソールよりも柔らかさ(クッション性)が少なくなるので、その影響がどう出るのか少し心配もありますが、パフォーマンス向上&怪我予防のためのアップデートになれば嬉しいと思ってます。


(なんか話題がマニアックですかね。
 あくまでにわかスポーツウーマンなんだけど(失礼)。)
スポンサーサイト

comment

いいねえいいねえ
勉強になりました!
にしても振り返って自分は
あんまり真剣に靴選んでなかったし
反省。
確かにインソール変えることで
さらにカスタマイズできるんだものね、
それくらいしないとなのかーと
感心しとりますよ(^_^)!

くりゆかサマ>

ほんと私も勉強になりました。
くりゆかちゃんの旦那サマもきっとお詳しいのだろうと思いますが。

筋肉の回復にも時間がかかる年齢に入ってきてるので、こういうとこに気を使うのも大事なんだろうなあと感じてます。
Secret

ようこそ

なまえ

 ゑ / ぽんこ

Author: ゑ / ぽんこ

最新記事とコメント

とりあえずのカテゴリ

  • 自然・季節(197)
  • 美術・芸術(47)
  • 遊び(143)
  • 食べ物(104)
  • 旅行(64)
  • 未分類(99)
  • 音楽(112)
  • 外国語(28)
  • ぼやき(136)
  • お仕事(110)
  • フィットネス(35)
  • 馬(2)
  • 着物(2)
  • 読み物(2)
  • 教会(1)
  • 家族(6)

アーカイブ